お風呂リフォームで気になる費用と価格相場

お見積り・相談 お電話で相談
blog

お風呂リフォームで気になる費用と価格相場

  • リフォームコラム

浴室リフォームの予算はいくらぐらいが良いでしょうか。実際に見積もりを取っていただくと、お風呂場の広さや設備の追加、在来工法からユニットバスへのリフォームなのか、ユニットバスからユニットバスへのリフォームか、などで見積金額が異なってきます。

こちらのページではリフォームを決める際の重要な項目である費用についてのポイントを、ユニットバス商品の価格相場や標準仕様のご紹介を通してご説明します。ぜひ、お見積りをされる前のリフォーム費用感の参考にされてみてください。



お風呂リフォームの平均費用・価格の相場は?

お風呂リフォームは一般的にいくらかかるのでしょうか?

・メインの価格層は60~120万円で約60%

60万円以下が30%

120万円以上の高いグレードへの交換が5%



リフォームをされるお住まい、浴室や浴槽の形式によりますが、ユニットバスリフォームは100万弱の費用感で検討される方が多い様です。

120万円以上のリフォームをする場合は、特殊な在来工法からのユニットバスリフォームや高級な商品への交換で費用が高くなるケースが当てはまります。

希望するお風呂が商品価格自体はそんなに高額でなくても、追加の設備を設置したり、広さを変えたりする場合は最初の見積もりよりも費用が高くなる場合があるので注意してください。


ユニットバスの標準仕様例

お風呂のリフォームをする際、各メーカーによってさまざまなプランの商品に出合われると思います。ユニットバスは浴槽や床、壁(パネル)などの基本的に必要なものを備えた標準プランと、快適さやデザイン性の高いオプションが用意されています。

各メーカーでは、全体のデザインからシャワーの機能や照明など細かな部位まで詳細が決まっています。TOTO サザナ Sタイプ 1216を例にすると、下記が標準仕様です。標準仕様は変更がある場合がありますので、最新の情報はぜひガスリビング三重にお問い合わせくださいませ。


TOTO サザナ Sタイプ 1216

壁(パネル) ハイグレードⅡ:クレアライトグレー(鏡面)
ベーシックグレード:プリエホワイト(光沢)
浴槽 ゆるリラ浴槽
FRP :ホワイト
ワンプッシュ排水栓
魔法びん浴槽
お掃除ラクラクほっカラリ床
ホワイト(ラグ調)
お掃除ラクラク排水口(抗菌・防カビ仕様)
照明 シーリング照明(LEDランプ):電球色
天井 平天井(抗菌・防カビ仕様):壁高2150
水栓 スッキリ棚水栓(棚W215) :シルバー
シャワー コンフォートウェーブシャワー :メタル調
フック コンフォートシャワーバー
カウンター お掃除ラクラクカウンター:ホワイト
お掃除ラクラク鏡縦長ミラー(W298×H1175)
収納 収納棚W260 側面2段:ホワイト
出入り口段差5mm(スロープ付き)
スッキリドア折戸 800W×2000H :ホワイト
ラクかるふろふた



お風呂リフォーム施工費用の具体的な内容

お風呂のリフォームをする際、下記の施工手順で工事を行っていきます。この施工費用は平均で20万~30万円ほどで、費用や施工内容の詳細は工務店や施工業者によって異なる部分があります。

在来工法からユニットバスへのリフォームは、タイル壁の解体や床面のコンクリート施工などが入るので、ユニットバスからユニットバスへのリフォームより少し施工費が高くなります。

具体的にどのような施工が行われるか見てみましょう。

在来工法 ➡ ユニットバス

ユニットバス ➡ ユニットバス

1. 既存浴室の撤去・解体工事
2. 床部位へのコンクリート打ち
3. 配管作業
4. 浴室の組み立て
5. 排水・土台まわりの施工
6. 床・浴槽の設置
7. 壁(パネル)の取り付け
8. 天井の設置
9. 鏡や水栓の取り付け
10. 配管の接続
11. 浴槽のエプロン設置
12. 点検を行い、完成!

1. 既存ユニットバスの撤去・解体工事
2. 配管作業
3. 浴室の組み立て
4. 排水・土台まわりの施工
5. 床・浴槽の設置
6. 壁(パネル)の取り付け
7. 天井の設置
8. 鏡や水栓の取り付け
9. 配管の接続
10. 浴槽のエプロン設置
11. 点検を行い、完成!

チラシに掲載されたユニットバスの価格が極端に安い場合は、施工費を含まない売り出し価格であることがほとんどですので、施工費を含めたお見積りで検討するようにしましょう。


介護向け、バリアフリーなお風呂へリフォーム

介護の関係でお風呂のリフォームをされる方も多くいらっしゃいます。どなたでも使いやすいバリアフリーな浴室・ユニットバスにするために、設備追加でかかる費用の目安をご紹介します。

 手すりの設置 約3万円~

 浴槽に入る際は、かがんだり立ち上がったりするので、体を支えながら動作が行えます。

 浴室の出入り段差解消 約5万円~

 出入り口の転倒を防止するため、入り口と浴室をフラットにします。

 引き戸扉への変更 約10万円~

 扉の前で倒れてしまった時に開き戸だと体重が掛かり開かなくなってしまう場合があります。

 出入りの幅を広げる 約20万円~

 歩行に介助が必要で浴室の出入りをしやすくする際は、開口幅を広くする必要があります。

 浴室暖房機の設置 約15万円~

 急激な寒暖差で起こるヒートショックを防止するために、事前に浴室を温めるのが効果的です。

 滑りにくい床材へ変更 約10万円~

 濡れた床は転倒の原因になるので、細かい凹凸の工夫がされた商品などを選びましょう。



お風呂リフォームをする際の費用や、商品価格の相場をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

2023年3月までのリフォームであれば、高断熱浴槽などのエコ住宅設備の設置で補助金が受け取れる「こどもみらい住宅支援事業」という制度をご利用いただけます。ぜひこちらもご覧ください!



<< お風呂 サイズ 目次に戻る お風呂 リフォーム >>
   
お風呂リフォームで気になる費用と価格相場